院長・副院長紹介 | 仙台市青葉区のいいづか歯科
ヘッダオファー

院長・副院長紹介

For the Patients(全ては患者様のために)
いいづか歯科の医院理念です。

飯塚 俊輔(いいづか しゅんすけ)

院長

出身大学、経歴など

1971年
茨城県日立市生まれ。O型
1989年
北海道医療大学歯学部入学
1995年
北海道医療大学歯学部卒業
2005年
松島医療生協入職
2007年
宮城県仙台市に「いいづか歯科」開設
趣味
旅行・山登り・温泉・キャンプ
院長メッセージ

いいづか歯科では、
お口の中の状況を、誠意をもってお伝えする。自らの良心に恥じることはしない。
もし私があなただったらこんな治療を受けたい。
そのような医療サービスを提供できる歯科医院を目指しております。

For the Patients(全ては患者様のために)

いいづか歯科の医院理念です。
常に自分が患者となった時に受けたい
医療サービスを提供できる歯科医院でありたいと願っています。
そのために、無痛で快適な治療を常に心がけることは勿論、
患者様のよきアドバイザーとなることを念頭に置いて日々研鑽しております。

また、快適な治療を受けて頂く為に、設備の拡充、技術、サービスを高めることで
患者様のQOL(Quality Of Life)の向上に貢献したいと考えています。

予防、インプラント、セラミック治療、ホワイトニング、審美歯科、入れ歯などの
治療においても、最新の情報と技術をもとに、それぞれの患者様に満足していただき、
快適で健康な口腔内を維持してもらいたいと願っています。

院長画像

いいづか歯科では快適に毎日を過ごすには健康であることが一番ではないかと考えます。
今回は歯の専門家の立場からお口の健康についてのお話をさせて頂きます。

まず、丈夫な歯を保つことの利点にはどんなことがあるのか考えてみましょう。
第一に、おいしいものをどんどん食べることができます。
そして、歯並びが整っていて口元がさわやかであれば、
明るく前向きな日常生活を送ることができます。

つまり、歯が健康であるかどうかは健康状態ばかりでなく、
皆さんの精神・心理にも随分深い関わりがあるのです。
前歯が抜けていたりして、口元に自信がないとどうしても消極的な性格になりがちですよね。

反対に健康的な歯を保ち、整った口元でいることによって、
日常生活のあらゆる場面で積極的に対処することができるようになります。
歯が精神面に及ぼす影響はとても大きなものであるということがおわかりでしょう。

さらには、健康な口でよくものを噛み砕くことによって、 消化器の働きも良くなります。
その他、噛むということそのものにも、次のような利点があります。

それは噛むことが、脳に行く循環血量を増やすということです。
これにより脳の働きを活発にし、物事に対する的確な判断力や洞察力を深めることができるのです。

このように健康な歯を保つことは生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を高め、
より幸福な人生を過ごすことができるのです。
話しやすい歯科医師と、明るく元気なスタッフが働くいいづか歯科で
これから一緒に健康づくりをしていきませんか?

副院長紹介

スタッフ画像

出身大学、経歴など

1967年
北海道生まれ。A型
1993年
北海道大学歯学部卒業
1993年
北海道大学第一保存科 入局
2005年
松島医療生協入職
2007年
宮城県仙台市に「いいづか歯科」開設
趣味
登山・旅行

スタッフ画像

みなさまのご来院を、スタッフ一同お待ちしております。

お電話でのご予約・お問い合わせ  022-342-0314
診療時間
9:00~13:00

/

/

/

14:30~18:30

/

/

/

※ ▲・・・木曜午後は15:00~18:30(毎月最終木曜日は午後休診)
休診日
日曜日・月曜日・祝日
© 2017 仙台市青葉区のいいづか歯科. All Right Reserved.