むし歯治療 | 仙台市青葉区のいいづか歯科
ヘッダオファー

むし歯治療

なるべく削らない、痛くない、歯の神経を残す治療を心がけています

むし歯は風邪につぐ一般的な病気です

右配置画像

一般的に知られていないことですが、むし歯は風邪につぐ一般的な病気です。
むし歯は、一定の水準以上まで進行致しますと、それよって失った歯が再生することはありません。
そのため治療によってむし歯の進行を止め、歯を保存し、合併症を防ぐことが重要です。

またむし歯になってから歯科医院に行くのでなく、むし歯にならないよう歯科医院に行く、という予防中心の治療を目指し、皆様が一生健康な歯でいられるよう定期検診をお勧めします。

虫歯の段階

右配置画像

虫歯は初期から抜歯に至るまで進行した状態まで様々な段階に分かれます。
特に、歯の神経(冷たい、温かいなどの知覚に関与)を残せるかどうかが重要です。

当院においても、最近は可能な限り「歯の神経」を残すように努めています。
「歯の神経」を取らなくてはいけない状態ですと、治療回数もかかり、また歯質がもろくなるという欠点が生じます。
神経(歯髄)を保存するために、虫歯予防、定期検診をおすすめします。

中央配置画像

C1

痛みがほとんどないですが、エナメル質と呼ばれる歯の表面が少し黒くなります。
自覚症状がほとんどありませんので、この状態の時に自分で虫歯を発見するのは難しいです。

中央配置画像

C2

C2は表面のみでなく中にまでむし歯が進行している状態です。
症状は冷たいものがしみる程度で、この状態でしたら治療はおおよそ3回で終わることが多いです。

中央配置画像

C3

C3は冷たいものだけでなく温かいものもしみます。
この状態から「むし歯かな」と自覚する人が多いようです。
また見た目にもはっきりと歯に穴が開いていることがわかります。

中央配置画像

C4

C4は歯の神経が死に、痛みそのものを感じなくなります。
痛みが消えることで、むし歯に関心がなくなり放置する人もいますが、その間にもむし歯は着々と進行しています。
激しい痛みと高熱が出ることもありますので、お早めに治療して下さい。

口腔内診査の重要性

右配置画像

当院では初診時にレントゲン・口腔内写真を撮ります。

多くの患者様がいろいろな悩みをお持ちの状態で来院され、一つ一つをきちんと改善して健康な口腔状態になっていきます。

しかし、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言うことわざがあるように、徐々に改善していく歯周組織の状態や虫歯の治療の状態を客観的に比較し御理解して頂くのに、
レントゲン写真は当然のことながら、口腔内写真(デジカメで撮影)も重要な資料になります。

いくら文章で保存していても、歯肉の色や形態、表面性状などを視覚的に再現することは不可能です。
しかし、口腔内写真があれば、誰が見ても
ご自分の口腔状態がどのように変化したかは、一目瞭然です。
写真はごまかしようがありませんよね。

レントゲン写真、口腔内写真とも、以前の状態がどのようであったかを
永続的に当医院のコンピューターに保存し、
いつでもご本人に提示できるシステムを整え、
長期的にアドバイスできるホームドクターとしての体制を確立しております。

臨床経過を真摯に見つめることは、臨床医にとって最も大切な姿勢です。
写真を残すということは、患者様にとりましても、医院にとりましても、「宝物」だと思っております。(大げさではなく本当です。)

ただし、写真撮影に抵抗のある患者様は、御遠慮なくお申し出下さい。
治療の主役は患者様自身ですからね。

お電話でのご予約・お問い合わせ  022-342-0314
診療時間
9:00~13:00

/

/

/

14:30~18:30

/

/

/

※ ▲・・・木曜午後は15:00~18:30(毎月最終木曜日は午後休診)
休診日
日曜日・月曜日・祝日
© 2017 仙台市青葉区のいいづか歯科. All Right Reserved.