ヘッダオファー

入れ歯治療

安定した咬合を作り
快適な義歯作りを行っています

入れ歯の悩み、一緒に解決いたします!

右配置画像

歯が抜けたり欠けたりすることは、加齢によって引き起こされるだけではありません。
むし歯や歯周病、そして事故等によっても発生します。

歯を抜けたままにしておくと、他の健康な歯に余計な負担をかけてしまい、その結果、他の歯の寿命も短くなってしまうことがあります。

なくなった歯を補う治療法として、
いちばん歴史があってよく知られているのが「義歯(いわゆる「入れ歯」)」を使う方法です。

美味しく食事を楽しんで頂くために、楽しくおしゃべりして頂くために
当院でも、随時入れ歯の作成や調整を行っております。

入れ歯は快適に使えるものです! 

右配置画像

入れ歯にまつわるイメージに「合わない」「目立つ」というマイナスイメージがあるではないでしょうか。

しかし最近の入れ歯は格段に進歩しています。

当院でも、多くの方々にさまざまな入れ歯を作製しております。
もちろん、他医院で作られた入れ歯の調整も可能です。

入れ歯の調整はとても繊細なものです。

当院では、多くの経験を積んできた歯科技工士と提携しており、
歯科医師と歯科技工士がタッグを組み、患者様にとってベストな義歯を作るため
とことん話し合い、顎運動(あごの動き)と咬合(咬み合わせ)から考えた入れ歯作りを実施しています。

入れ歯に関するお悩みがあれば、遠慮なさらずお話下さい。

入れ歯が合わない場合

合わない入れ歯を無理して使っていると、あごの骨が徐々にすり減っていくことになります。
そうなるとさらに入れ歯は合わなくなり、悪循環に陥ってしまいます。
少しでも違和感がある場合は我慢なさらずにお申し出下さい。

目立つ入れ歯を使いたくない場合

右配置画像

入れ歯に対する否定的なイメージに
「目立ってしまう」
「口を大きく開けたときにバネが見えてしまうと恥ずかしい」
といったものがあります。

そうしたデメリットがあるために入れ歯づくりに踏み出せなかった方のために、今では入れ歯であることがほぼわからない種類が登場しています。

自費診療となりますが、ご希望があれば、何なりとお申し出下さい。

入れ歯の種類

最近ではさまざまな種類が流通しており、
患者様お一人おひとりの状況に合わせてお選び頂けるようになっています。

一般的な保険の入れ歯

右配置画像

小さな部分入れ歯も、噛み合わせのためには重要です。

金属床

右配置画像

入れ歯の床にコバルトクロムやチタンなどを使用したもの。
精度が高く、厚みも薄く作ることができます。

金属床なら、厚みを薄くできることで違和感も少なく、たわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地を得ることができます。(保険の対象外)

ノンクラスプデンチャー

右配置画像

部分入れ歯の一種ですが、金属を全く使わないのが特徴です。
柔らかな素材を使用しているため使用感が良く、歯茎と同じピンク色なので目立ちにくく、審美的にも有効です。

しかし素材の特性上約3年ほどで作り直さなければならないという金銭的なリスクもあります。(保険の対象外)

ご希望に合わせて入れ歯をご提案させて頂きます。
まずは、お気軽にご相談にお越し下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ  022-342-0314
診療時間
9:00~13:00

/

/

/

14:30~18:30

/

/

/

※ ▲・・・木曜午後は15:00~18:30(毎月最終木曜日は午後休診)
休診日
日曜日・月曜日・祝日
© 2017 仙台市青葉区のいいづか歯科. All Right Reserved.